海の食卓

『海の京都』『もうひとつの京都』とも呼ばれる、京都府北部・丹後地方。

丹後の山地を縫って流れる由良川。そこから流れ出る、上質なプランクトンなど 丹後半島の海は 山川からのめぐみを多く受けています。魚介類などの食材も豊富で、おだやかな湾の中でゆっくり育った魚は脂がのっておいしい。

【海の食卓】では、丹後の海で獲れる食材や加工品などを紹介します。

カネマスの一刻干し

京都・丹後の美しい海の新鮮なお魚のおいしさを、そのまま味わって頂きたくてー

そんなカネマスの店主の思いから生まれた干物。冷凍真空パックですが、それでも 魚の美しさ、新鮮さがわかります。

『生』に限りなく近い“一刻干し” の旬のお魚を京都・丹後からお届けします。

おうちで一刻干し

橋立印 オイルサーディン

創業明治41年、京都府宮津市にある竹中罐詰さんの代名詞ともいえる【オイルサーディン】(いわし油づけ)。

新鮮な小ぶりないわしを手作業で丁寧に缶詰にしています。缶を開けた時、きれいに並べられたいわしの姿にちょっぴり感動します。